1. 附属図書館トップ
  2. 利用案内
  3. 新型コロナウイルスにかかる附属図書館の対応

令和3年度 新型コロナウイルスにかかる附属図書館の対応

横浜国立大学附属図書館では、本学の新型コロナウイルス感染症拡大防止の方針に基づき下記のとおり対応いたします。
ご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力をよろしくお願い致します。

一覧

来館利用 学内者限定

開館時間 学内者限定

平日 土・日・祝日
授業期間 休業期間 授業期間 休業期間
中央図書館 8:40-21:45 8:40-17:00 10:00-18:00 休館
社会系図書館 9:00-21:45 9:00-17:00 休館 休館
理工系図書館 9:00-21:45 9:00-17:00 休館 休館

2021年度は通常開館いたします。

なお、現在学外者の入館を制限しております。
期間:2020年4月3日(金)~当面の間

QRコードによる着席記録システム

sub1-2

利用可能な閲覧席には、QRコードが貼付されています。閲覧席を利用する場合は、着席記録システムによる登録をお願いします。

カメラ付きのスマートフォンやタブレット等を持っていない方や、うまく登録できなかった方は、着席記録システム(PC版)から登録を行ってください。


図書消毒器

sub1-3

本の消毒が60秒でできます。


オンライン授業受講スペース 学内者限定

sub1-4

オンライン授業のうち、双方向ライブ配信型(自分が発言する可能性のある)授業を受講するためのスペースです。

・中央図書館2階に24席用意しています。
・コンセントが使えます。
・イヤホンまたはヘッドホン必須です。
・双方向ライブ配信型授業を受講しない場合のご利用はご遠慮ください。
※一方向ライブ配信型(自分が発言する可能性のない)授業と、動画録画配信型授業は、館内のどこからでも受講できます。


情報基盤センター管理PCの利用 学内者限定

onlineclass

社会的距離を保つため、利用できる台数を減らしています。


学内からの電子リソースの利用 学内者限定

学内ネットワークから接続すると、電子ジャーナルが利用できます。以下の説明にあるように、学外から接続できる場合もありますが、学内からのみ利用できるものも中にはあります。


ラーニングアドバイザー 学内者限定

onlineclass

各専攻の大学院生がラーニングアドバイザー(LA)として、対面またはオンラインで本学学生からの学習相談に応じています。履修登録や勉強の仕方、レポートの書き方・添削、授業の課題、資料の探し方など、 大学での学習に関わる様々な相談にのってくれます。ぜひご相談ください。


来館利用時の制限・注意事項

制限事項:

  • 館内での会話
  • グループ学習
  • ワーキングスタジオ、メディアブースの利用

注意事項:

  • 入館、貸出、ILL受取(学外図書・複写物・請求書)には、学生証・教職員証または図書利用カードが必要です。
  • マスクを着用してください。
  • 発熱時(37.5度以上または平熱比+1度超過の場合)は来館をお控えください。
  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ、軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある場合は来館をお控えください。
  • 手洗い・手指の消毒につとめてください。
  • 一人または少人数で来館してください。
  • 館内では人との間隔をあけてください。
  • 混雑時には、来館者数を制限する可能性があります。

その他

学外からの電子リソースの利用 学内者限定

大学で契約中または購入済の電子リソース(電子ジャーナル、電子ブック、データベース)に学外からアクセスする方法をご案内します。

学外の方へ

入館制限

現在学外者の方の入館制限を行っているため、ご入館いただけません。

過去の大学院入試問題について

理工学府、環境情報学府、都市イノベーション学府の過去の入試問題について、学外者の方で閲覧を希望される場合は、各大学院の入学試験担当係までお問い合わせください。

ILL(図書館間相互貸借)による利用

ILL(図書館間相互貸借)による当館資料の複写・貸借をご希望の方は、ご所属機関の図書館にご相談をお願いいたします。
大学や研究機関にご所属でなく、ご所属機関の図書館がない場合は、お住いの公共図書館(都道府県立図書館、市町村立図書館等)からお申込みいただければ、可能な場合に対応いたします。

令和2年度で終了したサービス

以下のサービスは令和2年度をもって終了しました。

  • 閲覧席の予約(予約不要で利用可能に変更)
  • 郵送サービス


ページの先頭へ