1. 附属図書館トップ
  2. 探す・調べる
  3. 電子リソース一覧
  4. 大学で契約中または購入済の電子リソースに学外からアクセスする方法

大学で契約中または購入済の電子リソースに学外からアクセスする方法

横浜国立大学で契約中または購入済の電子リソース(図書、雑誌、新聞、データベースなど)を学外ネットワークから接続する方法をご案内します。

※学内限定の電子リソースを利用できるのは、本学の学生・教職員だけです。

このページの内容

学外から接続可能な電子リソースの確認方法

  • 電子ジャーナル・電子ブック・・最初に、OPACから図書の書名または雑誌タイトルで検索し、検索結果(詳細)の「オンライン」で囲まれた中に表示されている出版社や提供サイトの名称を確認してください。次に、電子リソース一覧から確認した出版社や提供サイトの名称を探し出してください。学認が「可」となっていれば学外から接続可能です。
    ※現在、OPACの検索結果(詳細)の「オンライン」で囲まれた中に「学認可」等の情報を登録中です。「学認可」等と掲載されている場合はその情報の通りです。
  • OPAC_eresource
  • データベース・・電子リソース一覧で「学認 GakuNin」のマークがついているものは学外から利用可能です。

(参考)本学で契約中の電子リソースの確認方法

  • 電子ジャーナル・電子ブック・・ウェブ上から図書や雑誌論文の本文全文へのアクセスが可能です。本学で契約中の電子ジャーナル・電子ブックはOPACに登録されているため、書名や雑誌タイトルで検索可能です。雑誌の論文タイトルからは検索できません。また、雑誌は契約範囲内のみ全文利用可能なため、探している雑誌タイトルがOPACから検索できた場合でも、必要としている論文の掲載号や年が契約範囲に含まれていない場合は全文の利用はできません。
  • EJresult_OPAC
  • データベース・・本学で契約中のデータベースは全て電子リソース一覧に掲載されています。無料公開されているものが含まれますが、「学内限定」のマークがついているものが契約中です。「学内限定」のマークの横に「雑誌論文」と表示があるものは雑誌論文を検索できるデータベースです。

学外からの接続方法1.学認 GakuNin -接続の手順-

学認による接続の手順は接続先の電子リソース提供サイトにより異なります。いずれの場合も以下の学認ログイン画面まで遷移し、YNUログインIDでログインすることで学外接続できます。

ynu_gakunin

学認により接続可能な出版社・提供元サイトは以下の通りです。接続方法は電子リソース一覧に掲載されています。(クリックすると学認の接続方法の掲載個所に遷移します。)提供元サイトの更新のため掲載されている方法では接続できない場合があります。ご不明な点はlibref(アットマークを入れてください)ynu.ac.jpまでメールでお問い合わせください。※重要 お問合せは必ずYNUメールからお送りください。大学の方針により、YNUメール以外に連絡をすることはできません。

学外からの接続方法2.SSL-VPN -接続の手順-(2020.9.30をもってサービス終了)

SSL-VPNサービスは2020.9.30をもって終了しました。情報基盤センターによるお知らせ

SSL-VPNによる接続のポイントは、ログイン後はリンクをたどって提供元のサイトまで画面遷移することです。アドレスバーにURLを入力して画面遷移すると接続できません。詳しい手順は以下の通りです。

Step1.SSL-VPN ServiceよりYNUログインIDにてログインします。図書館ウェブサイトトップページにもリンクがあります。

vpnstep1

Step2.ブックマークから自分が該当するものを選んでクリックします。

vpnstep2

Step3.選択したブックマークが開きます。(画面は学生用です。)リンクサイト一覧から「附属図書館電子リソース一覧」をクリックします。

vpnstep3

Step4.「附属図書館電子リソース一覧」が開くので、探したい出版社・提供元サイトの名称を探します。

vpnstep4

Step5.リンクをクリックして出版社・提供元サイトのウェブサイトに遷移します。(画面は聞蔵IIビジュアルの場合です。)

vpnstep5

Step6.接続が完了し、契約中または購入済のコンテンツが利用できるようになっています。(聞蔵IIビジュアルの場合は、「ログイン」を押すと検索画面に変わります。)

vpnstep5

レポートに役立つ日本語の図書・雑誌論文・新聞、多読リーダーの紹介

主に学部生のみなさまへ、レポートに役立つ学外からも利用可能な日本語の図書・雑誌論文・新聞、多読リーダーをご紹介します。

日本語の図書

  • Maruzen eBook Library(詳細)
    丸善が提供する電子図書のコレクションです。2020年7月現在約1720冊が利用可能です。利用可能なタイトルは今後追加される可能性があります。
  • KinoDen(詳細)
    紀伊國屋書店が提供する学術和書電子図書館サービスです。2020年7月現在約230冊が利用可能です。
  • JapanKnowledge Lib(詳細)
    オンライン版の辞書や辞典をまとめて検索することができます。「東洋文庫」「新編 日本古典文学全集」なども収録されています。

日本語の雑誌論文

  • CiNii Articles(詳細)
    学術雑誌・研究紀要に収録されている論文の書誌情報が検索できます。論文本文が無料公開されている場合があり、検索結果に表示されるリンク(本文等へのリンク例)からダウンロードすることができます。有料の場合は契約していません。
  • J-STAGE(詳細)
    国内の学協会や研究機関等による科学技術刊行物が収録されています。9割以上の本文が無料公開されていて、検索結果のリンクからダウンロードすることができます。
  • JapanKnowledge Lib(詳細)
    「週刊エコノミスト」昨年1月~最新号の記事全文が利用できます(最大2年分)。
  • 日経BP記事検索サービス(詳細)
    日経BP社が発行する主要約50誌の記事の検索、本文閲覧が可能です。

新聞

  • 聞蔵Ⅱビジュアル(詳細)
    朝日新聞の全文記事データベースです。

多読リーダー

大学で契約中かつ学外接続による利用が可能な電子図書の多読リーダーをご紹介します。

         
英語の多読リーダー 電子ブック(学外接続可能)
提供元サイト 語数レベル
タイトル数
主な内容 おススメのポイント
Gale eBooks(旧:Gale Virtual Reference Library) 学認 GakuNin 電子リソースの一覧へ Lv.4-6
183タイトル
アメリカの社会問題、人物、スポーツアメリカの社会問題、スポーツの科学、俳優・歌手・スポーツ選手・大統領などの人物の発言や著述を収録した多読リーダーが利用できます。
Infobase eBooks  電子リソースの一覧へ Lv.1-8
396タイトル
アメリカの人物・歴史・文化・芸術、自然科学アメリカのスポーツ界などのスターや大統領、歴史・文化・芸術など内容は多岐にわたります。米国の小学校の授業などで使われているeBookの出版社による多読リーダーです。
Maruzen eBook Library 学認 GakuNin 電子リソースの一覧へ Lv.1-5
493タイトル
小説、伝記文学の名著のほか、オリジナルのストーリーなどの楽しい作品が豊富です。現代の著名人の伝記もあります。
※多読を利用したい場合は出版社をマクミランランゲージハウスやセンゲージラーニングで絞り込んでください。
PowerKiDS Interactive eBooks  電子リソースの一覧へ Lv.1
250タイトル
動物、社会科学、地球科学、自然科学、米国の歴史、世界史哺乳類・昆虫・魚などのアメリカの動物、地震やハリケーンなどの自然現象、地球や水星などの惑星、ブルドーザーなどの特殊自動車、アルファロメオなどの老舗自動車、見る・聞くなどの五感、フットボールやバスケットボールのオールスター、狩り、お金の稼ぎ方などの経済のガイダンス、サイバーセキュリティ..など、たくさんの種類があります。アメリカの小・中学校の教育課程で実際に使用されているeBookです。英語朗読音声付きです。
Real Reads Interactive eBook Collections: Classic Literature  電子リソースの一覧へ Lv.2-3
34タイトル
イギリス文学を代表する作家の古典的名作英語朗読音声付きです。

(参考)


ページの先頭へ