1. 附属図書館トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 図書館職員が華東師範大学と上海交通大学を訪問

図書館職員が華東師範大学と上海交通大学を訪問

 図書館職員3名が2011年1月に華東師範大学と上海交通大学を訪問しました。これは昨年11月に鈴木学長をはじめとする代表団が本学と国際交流協定を結んでいる中国の各大学を訪問したことをきっかけに実現したものです。両大学とも広大な新キャンパスに設備の整った図書館を備えており、そこで運営されている情報リテラシー教育や、電子ジャーナル・電子書籍の整備、図書館の新しいサービスなどについて伺ってきました。

華東師範大学

 私たちが1月5日に訪れた図書館は閔行校区に2007年に建てられた新しい建物で、面積は39,000平方メートルあり、横浜国立大学の中央図書館(約12,000平方メートル)と比べると3倍強の広さがあります。ここで張静波図書館副館長から、図書館の概要やサービスについてお話を伺いました。特に、新しく始めた「提供科技査新サービス」は、国からの研究費を獲得しようとする研究者が、その研究課題の新規性や意義についての審査を大学図書館に有料で依頼するというもので、華東師範大学は国がその審査の資格を与えた約30~40大学の中に含まれており、そのために図書館には図書館情報学だけでなく工学や科学などの各分野を専門とする職員がいるとのことで、とても興味深いものでした。
張図書館副館長からお話を伺いました

張図書館副館長からお話を伺いました

右から熊図書館副館長、久保、吉野、張図書館副館長、直江、リュウ情報研究所副所長

右から熊図書館副館長、久保、吉野、張図書館副館長、直江、リュウ情報研究所副所長

図書館のエントランス。この建物の隣に11階建てのタワーもあります。

図書館のエントランス。この建物の隣に11階建てのタワーもあります。

上海交通大学

 1月6日に上海交通大学の閔行校区にある新しい図書館を訪ねました。陳進図書館館長は工学の先生でありご専門は材料学とのことで、奇しくも横浜国立大学の福富図書館長と同じ分野の研究者でいらっしゃいます。現在、上海交通大学の発展のために、図書館サービスを向上させる取り組みを進めているそうで、熱いお話を伺いました。そのなかでも、図書館員2~3人が一組になって各学部・研究科の研究者を訪問して、研究をサポートするというサービスに力を入れているそうです。また、昨年11月の鈴木学長らの訪問時に約束していた、鈴木学長の著書を上海交通大学図書館へ寄贈してきました。
右から、楊主任、林図書館副館長、陳図書館館長、吉野、久保、直江

右から、楊主任、林図書館副館長、陳図書館館長、吉野、久保、直江

陳館長に横浜国立大学の鈴木学長の著書をお渡ししました

陳館長に横浜国立大学の鈴木学長の著書をお渡ししました

新しい図書館の外観

新しい図書館の外観


ページの先頭へ