1. 附属図書館トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 紀要論文の抄録データの二次利用開始に伴う著作権許諾のお願い

紀要論文の抄録データの二次利用開始に伴う著作権許諾のお願い

紀要論文の著者の皆様へ

本学は学術機関リポジトリに登録する論文等について著作権者の許諾を得てインターネットに公開しております。先般、国立情報学研究所より学術機関リポジトリのデータ連携先のジャパンリンクセンター(JaLC)において、リポジトリに登録した紀要論文の抄録データの二次利用を開始するとの連絡がまいりました。

2022年4月以降、JaLC連携機関での抄録データの二次利用を開始するため、各リポジトリ運営機関において必要な著作権上の許諾手続きを依頼する内容でした。本件は、海外において抄録を含む登録データのオープン化の動きが進んでいる状況を受けたものであり、オープンアクセス・オープンサイエンス推進に係るものであることから、リポジトリの運営を審議する附属図書館運営委員会において本件のデータ利用について同意・推進することとし、著作権許諾に係る規程を本件の利用を含む形で改正いたしました。

ただし、規則改正前にリポジトリに抄録を登録済みの論文については、遡及適用はできませんので、インターネットでの公開の他に、新たに二次利用について著作権者の許諾をいただく必要がございます。つきましては、略儀にて失礼とは存じますが、紀要論文の抄録をリポジトリに登録済みの著者等におかれては、JaLC及び連携機関による抄録の二次利用が差し支える場合には、2022年3月31日までに、このご案内の末尾に記載の連絡先までご連絡賜りますようお願い申し上げます。特にご異議の申し出がない場合、許諾をいただいたものとして処理させていただきたく存じます。
抄録が登録されている紀要論文は19本ございます。以下のページからリストをご確認いただけます。
[YNUリポジトリ-紀要論文の抄録データの二次利用開始に伴う著作権許諾のお願い]新しいウィンドウが開きます


なお、データの二次利用とは、具体的にはJaLC連携機関が運営するデータベースに当該論文の抄録データを搭載する等の利用が想定されています。その他本件にかかる問い合わせについても、下記の連絡先までお願いいたします。

本学の研究を広く知って頂くために電子公開及びデータの二次利用は非常に有効かつ重要な手段ですので、著者ならびにその著作権継承者の皆様におかれましては、著作権の利用について何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

(連絡先)
横浜国立大学 
研究・学術情報部 図書館情報課
機関リポジトリ担当
TEL:045-339-3206
E-mail:ir-admin[at]ynu.ac.jp([at]を@に置き換えて下さい)

ページの先頭へ