附属図書館トップ施設ガイド施設ガイド


 
図書館資料のコピーについて
図書館資料のコピーをする際には、著作権法に十分ご留意ください。
著作権法は、著作権者の権利を守るための法律です。
よく読んで、趣旨をご理解の上ご利用ください。
横浜国立大学附属図書館


参考:著作権法での、「図書館等における複製」の規程
著作権法 第31条 図書、記録その他の資料を公衆の利用に供することを目的とする図書館その他の施設で政令で定めるもの(以下この条において「図書館等」という。)においては、次に掲げる場合には、その営利を目的としない事業として、図書館等の図書、記録その他の資料(以下この条において「図書館資料」という。)を用いて著作物を複製することができる。
  1. 図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分*1(発行後相当期間*2を経過した定期刊行物に掲載された個個の著作物にあつては、その全部)の複製物を一人につき一部提供する場合 
    *1全体の半分を超えないもの *2次号が発行されるまでの間(「図書館サービスと著作権」(日本図書館協会 1994)による)

  2. 図書館資料保存のため必要がある場合

  3. 他の図書館等の求めに応じ、絶版その他これに準ずる理由により一般に入手することが困難な図書館資料の複製物を提供する場合