横浜国立大学学術情報リポジトリ
横浜国立大学
学術情報リポジトリ 説明サイト

FAQ 〜よくある質問〜

全般的事項
  リポジトリに論文を登録すると、どんなメリットがありますか。
  リポジトリへの登録許諾依頼書が届きましたが、論文登録を「許諾しない」ことにしても構いませんか。
  リポジトリへの登録により、著作権はどうなりますか。
  著作権者からの登録許諾及び論文の登録はどのように実施していますか。
  登録許諾書に署名することにより、何を許諾したことになるのですか。
  論文に一部個人情報が記載されているのですが、その部分を伏せたり削除した論文を登録することができますか。
  リポジトリの利用に当たって、どのようなことを遵守すればよいですか。
学術雑誌論文
  グリーンジャーナルとは何ですか。
  グリーンジャーナルでは、学術雑誌に掲載された論文そのものを登録できるのですか。
博士論文
  博士論文はリポジトリで広く世間に公表しても良いのですか。
  リポジトリへの登録時期を遅らせたいのですが。
  指導教員に相談した方がよいでしょうか。
その他
  他大学に転出したり、退職したときには登録した論文は削除されるのですか。
  閲覧状況メールとはどんなものですか。


全般的事項

Q.リポジトリに論文を登録すると、どんなメリットがありますか。
A. 1)論文の視認性が格段に向上します。
 学術論文は、インターネット上で無料公開されると被引用率が高くなると言われています(参考:「同一ジャーナルに掲載されたオープンアクセス論文と非オープンアクセス論文のインパクトを比較する」など)。特に、リポジトリのシステムは他機関のリポジトリと合わせて検索できるように論文情報を外部検索エンジンに提供する仕組み(メタデータ・ハーベスティング)を備えており、外部システムからの検索にも対応しています。大学にとっても、結果として教育・研究成果の視認性向上と社会還元に大きく寄与することと思われます。
   2)論文を電子化して恒久的に保存できます。
 大学のリポジトリに論文を登録すれば、個人でウェブサイトを作るのに比べて手間がかからず、大学が論文の長期保存と公開を担います。またリポジトリシステムは、サーバ更新などがあってもURI(インターネット上の識別子)が変わらないという仕組み(ハンドルシステム)を備えており、学術情報への恒久的なアクセスが保証されます。
Q.リポジトリへの登録許諾依頼書が届きましたが、論文登録を「許諾しない」ことにしても構いませんか。
A.リポジトリへの論文登録は、全く任意です。ただ、リポジトリの意義とそのメリット等をご理解いただき、ご協力いただければ幸いと思います。
Q.リポジトリへの登録により、著作権はどうなりますか。
A.著作権は著作権者(著者または出版者)が保持したままであり、大学等に移るようなことはありません。
Q.著作権者からの登録許諾及び論文の登録はどのように実施していますか。
A.学術雑誌論文については、リポジトリへの登録を出版者が認めている学術雑誌(グリーンジャーナル)に掲載されたもののみを対象として著者に登録許諾書を送付し、許諾が得られたもののみを登録しています。また、博士論文については、著者に登録許諾書を送付し、許諾が得られたもののみを登録しています。紀要論文については、それぞれの紀要編集委員会から許諾があったもののみを登録しています。
Q.登録許諾書に署名することにより、何を許諾したことになるのですか。
A.学術論文等をリポジトリサーバに格納し、無償で公開することです。
Q.論文に一部個人情報が記載されているのですが、その部分を伏せたり削除した論文を登録することができますか。
A.個人情報部分を伏せたり削除した論文も登録することができます。
Q.リポジトリの利用に当たって、どのようなことを遵守すればよいですか。
A.利用者は、著作権法を遵守する必要があります。許諾なしでできることは、閲覧、私的使用目的での複製や引用等です。

学術雑誌論文

Q.グリーンジャーナルとは何ですか。
A.一般に学術雑誌に掲載された論文の著作権は出版者にあります。出版者が著者によるリポジトリ登録を認めているジャーナルをグリーンジャーナルと呼びます。
Q.グリーンジャーナルでは、学術雑誌に掲載された論文そのものを登録できるのですか。
A.掲載論文そのもの(出版者版)の登録を許可している出版者は少数(IEEE、AIP、APS等)です。多くの出版者は、査読前あるいは査読後の著者原稿の登録を許可しています。出版者版、査読前原稿、査読後原稿のいずれが登録できるのかは、図書館で調査します。

博士論文

Q.博士論文はリポジトリで広く世間に公表しても良いのですか。
A.国の学位規則及び本学の学位規則では、「博士の学位を授与された者は、学位を授与された日から1年以内に、その論文を印刷公表するものとする」と明記されていますので、一般的にリポジトリで広く公表することには問題ありません。多くの他大学でもリポジトリで公表しています。
Q.リポジトリへの登録時期を遅らせたいのですが。
A.特許出願の手続きをする等の理由で、博士論文をすぐに公開できない場合は、登録許諾書に公開可能時期をご記入ください。
Q.指導教員に相談した方がよいでしょうか。
A.博士論文に他人の著作物を引用していたり、特許出願の予定がある発明が含まれている場合がありますので、できれば指導教員や共同研究者の方に、博士論文のリポジトリでの公開について事前にご相談ください。

その他

Q.他大学に転出したり、退職したときには登録した論文は削除されるのですか。
A.本学が生産した大切な学術情報資産ですので、末永く保存されます。削除するには、それなりの明確な理由が必要です。
Q.閲覧状況メールとはどんなものですか。
A.学術雑誌論文または博士論文をリポジトリにご提供くださった方に、毎月1回、その論文が何回ダウンロードされたかをメールでお知らせします。ダウンロード回数は、ダウンロード元のドメイン別に分類して表示してありますが、その分類方法は次のとおりです。
(1)まず、横浜国立大学内からのアクセスであれば
ynu.ac.jp
(2)次に、学内以外の国内の大学から
xxx.ac.jp
(3)ac.jp以外の「.jp」で終わるところから
xxx.jp
(4)「.jp」以外で終わるところから
.xxx
(5)上記以外から(ドメイン名ではなくIPアドレスで記録されている場合など)
その他

Last Update 2010.5.12

FAQ 〜よくある質問〜
横浜国立大学学術情報リポジトリ