1. 附属図書館トップ
  2. ニュース&インフォメーション
  3. 中国語の学術リソースのプラットフォーム「Airiti Library」が2020年12月末まで利用できます

中国語の学術リソースのプラットフォーム「Airiti Library」が2020年12月末まで利用できます

台湾の学術データベース会社Airiti(アリティ)社が、COVID-19対応支援として「Airity Library」を日本向けに
無償アクセス提供しています。学内ネットワークからのみ利用可能です。どうぞご利用ください。

「Airity Library」とは
中国語の学術リソースのプラットフォームです。
2020年6月時点で、台湾・中国・香港・マレーシア等の地域における、主に1991年以降の学術雑誌、学位論文のフルテキスト・コンテンツ合計約316万件を収録しています。

アクセス先:http://www.airitilibrary.com/Home/新しいウィンドウが開きます
同時接続:無制限
利用条件:学内限定(学内ネットワークからのみ利用可能)
リモートアクセス:本学の環境からはリモートアクセス不可
利用期限:2020年12月31日
マニュアルダウンロード:https://www.bunsei.co.jp/wp-content/uploads/PDF/AiritiLibrary_guide.pdf新しいウィンドウが開きます

ページの先頭へ